ジヒドロテストステロンと体毛の関係

体毛が濃い・毛深い男性はハゲやすい、というのは古くからある通説です。

現在ではAGAによる頭頂部や前頭部、生え際やてっぺんの薄毛というのはジヒドロテストステロン(DHT)が原因ということが分かっていますが、DHTと体毛の濃さに関係性はあるのでしょうか?

ジヒドロテストステロンは体毛を濃くする?

「ジヒドロテストステロン」とは、男性ホルモンの一種で、「テストステロン」が、「5aリグターゼ」という酵素によって変化させられた活性型の男性ホルモン(悪玉男性ホルモン)のことをいいます。
この「ジヒドロテストテロン」は、髭や体毛を濃くするする作用があります。

体毛が濃いとはげやすい?

「体毛が濃い人は、はげやすい」という言葉を耳にされた方が多いかもしれません。

これは、体毛を濃くする作用がある「ジヒドロテストステロン」は、毛髪においては、毛根細胞の分裂を抑制し、髪の毛の成長を妨げる作用があるからです。
この作用により「体毛が濃いとはげやすい」状態となります。

では、何故「体毛が濃いとはげやすいのか?」についてです。

体毛を濃くする作用のある「ジヒドロテストステロン」は男性ホルモンの一種で、その「ジヒドロテストステロン」の元となる男性ホルモン「テストステロン」は、どの男性にも存在し、その量に個人差はほとんどありません。

従って、男性ならだれでも毛深く、はげてしまうはずですが、実際はそうではありません。
個人差があるのは、「5aリグターゼ」の分泌量の差によるものだと考えられております。

「テストステロン」自体は20代後半を境目に減少していきます。

しかしながら、「テストステロン」の減少に伴い、身体は「ジヒドロテストステロン」を産出しようとし、その結果「5αリダクターゼ」がより多く生成されると考えられています。

ここで、沢山の「5αリダクターゼ」を生成した男性が、はげやすいのです。

そのため、「5aリグターゼ」を阻害することこそが、薄毛の進行を防ぐ効果をもたらすのではないか?
と考えられています。

5aリグターゼを阻害することでジヒドロテストステロンを抑制する方法は、これまでは副作用の強いプロペシアなどフィナステリドで行うのが常識的でしたが、最近では副作用の少ない天然成分の育毛剤が登場しています。

より効果的で安全にDHTを抑制する方法

DHT抑制ができるのは、AGAクリニックの薬や、脱法サイトの個人輸入薬などの副作用の強い薬だけではありません。

その前に、新しい成分の育毛剤とサプリを試してみても損はないですよ。
なぜなら、全額返金保証があるからです。


▼DHTに特化した育毛剤とコスパならM-034
⇨dht抑制のM-034育毛剤を確認

▼ミノキシジルの3倍の成長力ならキャピキシル
⇨dht抑制のキャピキシル育毛剤を確認

▼体の内側からDHTを抑制するならサプリメント
⇨dht抑制のサプリを確認