ジヒドロテストステロンの抑制に筋肉を使った方法がある?

男性の脱毛症の主な原因とされる、ジヒドロテストステロン。

発生を抑制したり、体内から排出して体から追い出したりする方法はいくつかありますが、ここでは”筋肉”を使う方法を取り上げます。

テストステロンは髪に悪くない

筋肉を使う——つまり運動すると、テストステロンが分泌されます。

028901d880407c9b00f7e7e8dbf10d70_s

ご存知のように、テストステロンは男性ホルモンの一種ですが、ジヒドロテストステロンとは逆の作用があります。

毛根を強化する、という作用もその一つです。

よく、男性ホルモンが濃いと薄毛・抜け毛の原因になると言われますが、男性ホルモンでもテストステロンとジヒドロテストステロン(悪玉男性ホルモン=DHT)ではまったく逆の作用があるという点には注意が必要です。

男性ホルモンがすべて悪いというわけではないのです。

運動の効果

他にもたくさんの作用がありますが、筋肉を増大させる、という作用もあります。こちらは、スポーツ界でドーピング関係の話題に上る事も多いので、これもご存知の方は多いでしょうね。

これで、察しの良い読者様なら、『運動したら、テストステロンが増えて更に筋肉がつくから、脱毛症になりにくくなる?』と感づかれたかと思います。

そう、その通り!

40d41d4d88fa282b5913bed6be623f96_s

でも運動には、更にジヒドロテストステロンを減らせる効果もあります。

運動をすると汗をかきますが、実はジヒドロテストステロンは、汗や尿の成分として排出されているのです。
詳しくはこちらの記事→ジヒドロテストステロンは汗や尿で排出できる?

筋肉を使ってジヒドロテストステロンを排出

ですから、

【筋肉を使って運動する→テストステロンが分泌される→毛根が強くなる】

という現象と同時に、

【筋肉を使って運動する→汗をかく→ジヒドロテストステロンが排出される】

という現象が、体内で同時進行する訳です。

筋肉 運動 ジヒドロテストステロンの関係まとめ

毛根が強くなれば、脱毛症になりにくくなる(あるいは、脱毛症の進行を遅らせられる)、そしてジヒドロテストステロンが排出されれば、これまた脱毛症になりにくくなる——脱毛症を防ぐ手段として、筋肉を使って運動する事は、一石二鳥と言えます。

しかし、当然ですが運動や、汗や尿からの排出だけでは、十分にジヒドロテストステロンを抑制することはできません。

DHT抑制成分を配合した育毛剤やサプリメントを併用することでジヒドロテストステロンの抑制を大幅に加速することができます。

より効果的で安全にDHTを抑制する方法

DHT抑制ができるのは、AGAクリニックの薬や、脱法サイトの個人輸入薬などの副作用の強い薬だけではありません。

その前に、新しい成分の育毛剤とサプリを試してみても損はないですよ。
なぜなら、全額返金保証があるからです。


▼DHTに特化した育毛剤とコスパならM-034
⇨dht抑制のM-034育毛剤を確認

▼ミノキシジルの3倍の成長力ならキャピキシル
⇨dht抑制のキャピキシル育毛剤を確認

▼体の内側からDHTを抑制するならサプリメント
⇨dht抑制のサプリを確認