ジヒドロテストステロンは汗や尿で排出できる?

汗で排出できる?

1e514be05fc4c87554758282a1c7cdd5_s

DHTを減らして薄毛を対策するには、DHTを排出してしまうか、DHTを生成させないか、の2つがあります。
今回はこのうちの排出について、とりあげます。

結論から言うと、汗や尿でDHTの排出は可能です。
その具体的な方法として、有酸素運動や緑茶が有効です。

ただし、排出だけで薄毛対策ができるほどDHTを減らすことは現実的ではないため、実際には育毛剤やサプリメントとの合わせ技で運動や緑茶による排出を並行してやっていくのがベストです。

btn_ranking1
btn_ranking2

では、“汗による排出”と“尿による排出”どちらの方が薄毛予防に効果があるのでしょうか?

汗と尿どちらが良い?

生成された「ジヒドロテストステロン」を体外に排出する方法として、“尿による排出”と“汗による排出”があると考えられております。

このうち、“汗(有酸素運動)による排出”は、[排出][血行改善]という2つ面から“尿による排出“と比較した場合、より薄毛予防に効果があると考えられます。

有酸素運動は、発汗のみならず、体の血流を改善します。
血行を促進することで、血流を増やし、毛乳頭に栄養分を届けることで毛母細胞は活性化し、その結果髪の毛は成長します。

hair-folicle-diagram-1

また、血行不良は、ストレスにより発生します。
ストレスは交感神経を活発にし、それが結構不良の原因になります。
このストレスについても、有酸素運動は効果があります。

そのため、薄毛予防の方法として、“汗(有酸素運動)による排出”による方法のほうが、[排出]によってジヒドテストステロンの量を減らすという効果にプラスして、[血行改善]による毛母細胞の活性化という効果を得ることが出来ますので、“尿による排出”と比較して、効果があるようです。

ただ、有酸素運動で汗を相当量出すためには、かなりの運動量が必要です。
尿による排出はその点、利尿作用のある食品に頼ることができるという手軽さがあります。

1日2リットルなど、多めの水分を補給し、緑茶などの利尿作用のある飲み物を飲む事で、尿から普段より多めのDHTを出す事は比較的容易です。

また、緑茶にもDHT抑制効果があるので、緑茶を利用したDHT抑制+利尿作用の活用は、こちらも2つの面からの対策ができる方法になります。

31c9d21ec7df6eaae3f9d609e43816d1_s

まとめ

ジヒドロテストステロンは汗と尿である程度排出することが可能です。

汗と尿のどちらで排出するのが良いか、というのは、単純に水分量単位の効率で考えると血行改善の効果もある汗での排出になりますが、汗で排出するには相当な運動量が必要です。

その点、尿による排出はとてもお手軽でいつでも試すことができます。

しかし、当然ですが汗や尿からの排出だけでは、十分にジヒドロテストステロンを抑制することはできません。

DHT抑制成分を配合した育毛剤やサプリメントを併用することでジヒドロテストステロンの抑制を大幅に加速することができます。

より効果的で安全にDHTを抑制する方法

DHT抑制ができるのは、AGAクリニックの薬や、脱法サイトの個人輸入薬などの副作用の強い薬だけではありません。

その前に、新しい成分の育毛剤とサプリを試してみても損はないですよ。
なぜなら、全額返金保証があるからです。


▼DHTに特化した育毛剤とコスパならM-034
⇨dht抑制のM-034育毛剤を確認

▼ミノキシジルの3倍の成長力ならキャピキシル
⇨dht抑制のキャピキシル育毛剤を確認

▼体の内側からDHTを抑制するならサプリメント
⇨dht抑制のサプリを確認