ジヒドロテストステロンの役割とは一体何なのか?

薄毛・抜け毛の原因となるジヒドロテストステロン。
別名:悪玉男性ホルモンと呼ばれていますが、この記事では、この悪玉とまで呼ばれるホルモンは一体どんな役割があって存在しているのかについて取り上げます。

DHTの役割

ジヒドロテストステロン(DHT)は、男性ホルモンの一種で、実は母親の胎内にいるときに、このジヒドロテストステロンの働きによって男性器が発達、男の子として生を受けるのです。

この時、ジヒドロテストステロンとうホルモンが不足すると、男性の性器が上手く発達、成長できなくなってしまいます

そのため、男児の胎児の発育に関して言えば、特に重要な働きをするホルモンであるということになります。

しかし、このジヒドロテストステロンは、生まれた後の男性にとっては厄介な存在で、体毛を濃くしすぎてしまったり、ニキビ前立腺肥大の要因を作り出したり、薄毛になる原因となってしまい、生まれた後は悪玉男性ホルモンとしての働きが強く出てしまいます。

前立腺肥大とDHT

いまやDHTを抑える薬として代表的なプロペシア・フィナステリドも、もともとは前立腺肥大の薬でした。
DHTが原因となって前立腺肥大を引き起こしてしまうため、DHTを抑えるプロペシアが治療に有効だったのです。

プロペシアでDHTを抑制した結果、薄毛にも効果が見られたため、いまでは薄毛治療にもプロペシアが使われるようになったわけです。
天然の植物成分でもプロペシアと同じようにDHT、前立腺肥大、薄毛に働きかけるものがあります。
それが、ノコギリヤシです。
詳しくはこちらの記事→ジヒドロテストステロンを減らすのに亜鉛とノコギリヤシが有効な理由

男性型脱毛症とDHT

中でも男性型脱毛症は、体内で5a還元酵素(5αリダクターゼ)が活発に働いている時、ジヒドロテストステロンは分泌され続けてしまいますので、この5a還元酵素の働きを抑制するということが重要なポイントとなってきます。

実際、ジヒドロテストステロンが減少すると、毛周期が長くなり、髪の毛のコシやハリが戻ってきます
休止期の毛髪まで生えはじめることから、その結果、髪の毛が増え、薄毛が改善していくということになるのです。

命が誕生し、男性としての発達を母親の体内で繰り返すときには、重要な役割をするホルモンであるジヒドロテストステロンですが、この世に生まれた後は、男性の多くの悩みのもとになってしまう悪玉男性ホルモンだという特徴があるのです。

DHTの役割まとめ

ジヒドロテストステロンの役割とは、男の子として生を受けるときに、実は母親の胎内にいるときに、男性器が発達するための大事な役割がありました。

しかし、大人になってからは、体毛前立腺肥大そして薄毛・抜け毛など、まさに悪玉男性ホルモンとも呼ばれるべき弊害の方が目立ってきます。

薄毛を改善するにはまずこのDHTを抑制することが第一歩となりますし、AGA治療院でもそのためにプロペシアが処方されます。

しかし、プロペシアには重大な副作用があるため、天然成分でDHTを抑制するサプリメントに人気が集まっています。
DHT抑制成分を配合した育毛剤やサプリメントを併用することでジヒドロテストステロンの抑制を大幅に加速することができます。

より効果的で安全にDHTを抑制する方法

DHT抑制ができるのは、AGAクリニックの薬や、脱法サイトの個人輸入薬などの副作用の強い薬だけではありません。

その前に、新しい成分の育毛剤とサプリを試してみても損はないですよ。
なぜなら、全額返金保証があるからです。


▼DHTに特化した育毛剤とコスパならM-034
⇨dht抑制のM-034育毛剤を確認

▼ミノキシジルの3倍の成長力ならキャピキシル
⇨dht抑制のキャピキシル育毛剤を確認

▼体の内側からDHTを抑制するならサプリメント
⇨dht抑制のサプリを確認