DHTはストレス・喫煙で増え、ビタミンB6と亜鉛で減らせる

ストレスと喫煙

DHTはどのようなときに増えるのか最近の研究で明らかになってきました。

まずその一番の原因はストレスです。

特に男性は仕事のストレスが多く、ストレスに長時間長期間さらされます。

身体が強いストレスを感じると活性型のジヒドロテストステロンをどんどん生成してしまい、これが毛根部に影響してしまい、抜け毛・脱毛症や薄毛・AGAの原因となってしまいます。

また、喫煙もジヒドロテストステロンを増やすという結果がハーバード大学の公衆衛生学部の調査によって出ています。
喫煙することで血管が収縮し血流が悪くなり、体内のビタミンやミネラルを破壊してしまいます。

喫煙は細胞レベルでも身体の負担となり、それがホルモンバランスを崩しジヒドロテストステロンが増えてしまうのです。

亜鉛とビタミンB6はセットで考える

年齢と共に少しずつ増えてしまうジヒドロテストステロンですが、分泌を抑制するには亜鉛が多く含まれた食品が有効とされています。

亜鉛が多い食品の代表的なものは牡蠣、納豆、エビ、牛肉、レバー、チーズ、卵、ゴマです。

亜鉛の吸収をよくするためにビタミンB6を多く含む食品ピーナッツや魚の赤味も同時にとると良いでしょう。

多量の動物性タンパク質は脂分を多く含むので頭皮のかゆみやべたつきの原因となるので気を付けて下さい。

また、亜鉛はストレスがかかると多く消費してしまいます。

充分な睡眠と休息、心身のリフレッシュはストレス解消につながり結果ジヒドロテストステロン抑制につながります。

亜鉛だけでは不十分!?

たしかに、亜鉛にはDHTを抑える効果がありますが、DHT対策で栄養をとっている方の多くは、亜鉛だけ摂っているわけではありません。

DHT抑制に大事な成分は亜鉛を合わせて4つほどあります。
これらを良いバランスで摂るにはやはり専用のサプリメントがおすすめです。

より効果的で安全にDHTを抑制する方法

DHT抑制ができるのは、AGAクリニックの薬や、脱法サイトの個人輸入薬などの副作用の強い薬だけではありません。

その前に、新しい成分の育毛剤とサプリを試してみても損はないですよ。
なぜなら、全額返金保証があるからです。


▼DHTに特化した育毛剤とコスパならM-034
⇨dht抑制のM-034育毛剤を確認

▼ミノキシジルの3倍の成長力ならキャピキシル
⇨dht抑制のキャピキシル育毛剤を確認

▼体の内側からDHTを抑制するならサプリメント
⇨dht抑制のサプリを確認