テストステロンとジヒドロテストステロンのバランスはどれぐらいがいいのか

テストステロンとジヒドロテストステロンのバランスはどれぐらいがいいのか、について考えてみたいと思います。

AGAの原因は、思春期以降に増えるジヒドロテストステロン(DHT)の量です。

男性が産まれる過程では男性器の形成などに重要なDHTも、思春期を過ぎてからは良くない影響しかないため、悪玉ホルモンとまで呼ばれています。

その良くない影響のひとつがAGAなので、薄毛にとってのテストステロンとDHTの良いバランスとは、ざっくり言えばハゲてなかったころのバランスが理想なのでしょう。

AGAは壮年期に出てきますが、壮年期といっても多くは30代、早い人では20代から発症してしまうため、それ以前のバランスに近づけていくのが解決策になります。

そのためには、ひたすらテストステロンは増やし、DHTは減らすようにしていくしかありませんが、数値的な目安はないのでしょうか?

数値的な目安

AGAクリニックであれば、DHTの血中濃度を検査してくれるところもありますから、数値的に確認しながら減らしたい方は血液検査がオススメです。

ただ、DHTの血中濃度が高いと必ずAGAになりやすいかというと、そうではありません。

DHTが多くてもその先のアンドロゲンレセプター(AR)の数値が低ければAGAになりにくく、ARが高ければ少量のDHTでもAGAになります。

だから、結局はテストステロンとジヒドロテストステロンのバランスはAR数値によりけり、と言えます。

まずはAR数値を確認しよう

実は、AR数値・AR遺伝子は生涯変えることができないものなんです。

でも、途中で変わらないものだから、一度だけ検査して知っておけばいいんですね。

自分のAR数値を知るには、AGAクリニックで検査してもらえるところを探すか、もしくは自宅でできる検査キットがあります。



より効果的で安全にDHTを抑制する方法

DHT抑制ができるのは、AGAクリニックの薬や、脱法サイトの個人輸入薬などの副作用の強い薬だけではありません。

その前に、新しい成分の育毛剤とサプリを試してみても損はないですよ。
なぜなら、全額返金保証があるからです。


▼DHTに特化した育毛剤とコスパならM-034
⇨dht抑制のM-034育毛剤を確認

▼ミノキシジルの3倍の成長力ならキャピキシル
⇨dht抑制のキャピキシル育毛剤を確認

▼体の内側からDHTを抑制するならサプリメント
⇨dht抑制のサプリを確認