テストステロンとDHTの関係

テストステロンが減少するとDHTが増える?

DHT(ジヒドロテストステロン)というのは、男性ホルモン=テストステロンが5αリダクターゼと反応することで変換されてできあがったもののことで、活性男性ホルモン・悪玉男性ホルモンと呼ばれています。

ということは、単純に考えるとテストステロンが増えるほど変換される量も増えるからDHTも正比例して分量が増えるという印象がありますが、実は違います。

DHTはテストステロンの量と反比例します。
テストステロンが不足すると、それをを補ってホルモンバランスを調整するかのようにDHTの量が増えるというのです。

ですから、「男性ホルモン受信中」のギャグにみられるように、男性ホルモンとハゲは関係が深いという一般的な印象は、ある意味正解ではあるのですが、男性ホルモンには善玉と悪玉があるということには触れられていないため、非常に誤解を招きやすい表現なんですね。

男性ホルモンといっても、善玉の方の男性ホルモン:テストステロンはむしろ髪を太くする働きがあります、これに反比例して増加してしまう悪玉の方の男性ホルモン:DHT、こちらはハゲと関係が深い、というよりはむしろほとんどのハゲの原因になっている。ということなのです。

そして、テストステロンとDHTの分量は片方が増えれば片方が減る関係、ということは、薄毛に関して言えば、同じ男性ホルモンでもテストステロンは増やすべき、DHTは減らすべきということになります。

ですから、男性ホルモンが濃い=ハゲやすいというのは誤解なんですね。
ハゲやすいかどうかは、テストステロンが年齢とともに減少してくること、そして、DHT生成に関与する酵素:5αリダクターゼが分泌されやすい体質かどうか、ということが関係しているというわけです。

DHT:悪玉男性ホルモンが増えると外見が悪くなる?

悪玉男性ホルモンが増えると外見が悪くなってしまうのか?という疑問。

それから、DHTが増えたかどうかを端的に察知するために、外見の特徴に変化があるかどうかという点から見分けられるか?

という疑問がありますが、DHTが相当に増えていればやはり薄毛・抜け毛が進行しているでしょうから、毛髪の状態からわかる場合があるでしょう。

また、DHTが増えるということは、テストステロンが減少しているということとイコールです。

テストステロンが減少すると、こちらも外見的特徴に変化が現れます。
まずは、筋肉量・筋力が低下します。
そして、善玉コレステロールが減少する関係で、内臓脂肪が増加します。
メタボリックシンドロームになる可能性が高まります。

このことから、悪玉男性ホルモンが増えると、外見の特徴に変化が現れる。そして外見は悪くなると言えます。

より効果的で安全にDHTを抑制する方法

DHT抑制ができるのは、AGAクリニックの薬や、脱法サイトの個人輸入薬などの副作用の強い薬だけではありません。

その前に、新しい成分の育毛剤とサプリを試してみても損はないですよ。
なぜなら、全額返金保証があるからです。


▼DHTに特化した育毛剤とコスパならM-034
⇨dht抑制のM-034育毛剤を確認

▼ミノキシジルの3倍の成長力ならキャピキシル
⇨dht抑制のキャピキシル育毛剤を確認

▼体の内側からDHTを抑制するならサプリメント
⇨dht抑制のサプリを確認