毛が生える薬とは?調査して判明した驚愕の事実

毛が生える薬、薄毛に悩む人ならそんな薬が欲しいと思ったことは誰でもあると思います。

育毛剤でもスカルプシャンプーでも毛が生える(生えるとは言っていない)イメージがあります。
でも実は、医学的論拠から、毛が生える「薬」とされているのはやっぱりフィナステリドとミノキシジルだけ、だそうです。

認可されて初めて「薬」といえる

論拠というだけでなく、実際に厚生労働省にも認可されています。
フィナステリドは2005年10月に承認され、その年の12月に「プロペシア」という名前で商品化されています。

ミノキシジルの方は、日本では塗り薬としては認可され、大正製薬から「リアップ」として発売されました。
本当はミノキシジルは内服薬のミノタブがあり、ネットの口コミでは最強の毛生え薬と評されています。
でも、ミノキシジルの内服薬は日本では未認可です。
ただ、AGAクリニックでは医師の責任のもとにおいてのみ投与することができます。

その意味からいうと、AGAクリニックで処方されるミノタブが最強の「毛が生える薬」と言えますね。

しかし、ミノキシジルとフィナステリドの違いを見ていてある事実に気がつきました

驚愕の事実

実は、前髪にはフィナステリドの方が良く、つむじにはミノキシジルが良いというような違いがあるのです。

これは、AGAの進行段階別に行う治療を見ていて気づきました。

AGAにはハミルトン・ノーウッド分類という段階の分け方があります。
scale-baldness
この分類で、3までの人には、フィナステリドで治療が行われ、3以降の人にはミノキシジルも合わせた治療が行われるというのです。

ミノキシジルとフィナステリドで効果の出やすい部位が違うんですね。

ただ、前髪から先にハゲるか、つむじから先にハゲるか、人によります。
特に日本人はつむじ先行型が多いことから、ハミルトン・ノーウッド分類ではなく高島分類というつむじ先行を加味した分類が使われることもあります。

だから、日本人としては、毛が生える薬といえば、人によってはミノキシジル。またある人によってはフィナステリド。となるんですね。

当サイトのテーマでもあるDHTを抑えるのはフィナステリドですから、管理人的には毛が生える薬=フィナステリドです。

ハミルトン・ノーウッド分類による治療の違いは、5αリダクターゼ2型を阻害することでDHTを抑えると、前髪に作用しやすいということの証にもなりますね。