男性ホルモンを抑制する育毛剤なら効果がある?

薄毛・AGAの原因は主に男性ホルモンだから、男性ホルモンを抑制する育毛剤があったら、効きそうだ。というのは誰もが一度は考えると思います。

しかし、本当に男性ホルモンを抑制する育毛剤は効くのでしょうか!?

2ちゃんねるで話題の教授

先日、こんな 2ちゃんねるのまとめが話題になりました。

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2015/11/14(土) 23:41:37.02ID:qn/cfgQj0.net
Q毛穴に詰まった汚れを取るとハゲない?
A本来皮膚の汚れ程度で毛の成長は止まらないから、毛穴をきれいにしてもハゲるときはハゲる。

Q生活習慣を改善したらハゲない?
A統計上30年前の生活習慣や食事と今と比較してもハゲの数に変化は無いので、ハゲるときはハゲる。

Q海藻を食べると毛が生える?
A単なる色の連想ゲーム。海藻だけでは毛は生えない。

3:風吹けば名無し@\(^o^)/:2015/11/14(土) 23:42:34.00ID:qn/cfgQj0.net
Q頭皮が硬かったり薄いとハゲるのでマッサージすると良い?
A50年前の迷信。男性型脱毛症では頭皮が柔らかく血流がよくてもハゲるときはハゲる。

Q炭酸で頭を洗うと毛が生える?
A生えない。気持ちがいいだけ。

Qノンシリコンシャンプーは頭皮に優しい?
A科学的に否定されているのでどちらでもよい。

4:風吹けば名無し@\(^o^)/:2015/11/14(土) 23:42:55.92ID:qn/cfgQj0.net
Q頭が蒸れるとハゲる?
A関係ない。ハゲる人はハゲる。

Q体毛が薄いとハゲない?
A関係ない。ハゲる人はハゲる。

Q白髪の人はハゲない?
A関係ない。ハゲる人はハゲる。

薄毛を科学的に研究している大学教授が、よくあるAGAの疑問に答えているが、その答えがあまりに厳しいとして話題になりました。

厳しいというか、この教授の主張は一貫して
「男性型脱毛症はハゲる時はハゲる。何をやっても意味ない」
と言いたいみたいです。

しかし!これでは、あまりに救いのない情報ですよね。。

でも、この教授の音声、実際に聞いてみた人いますか?
2ちゃんまとめでは、厳しい意見だけを恣意的にピックアップして、煽りというか、面白おかしくまとめていますが、実際に音声を聞くと教授の言ってることは至って普通でしたよ?

教授が本当に言いたかったことは?

教授が実際に音声の中で語っている内容を、ざっとまとめると以下のとおりです。

  • M字型・O字型などハゲ方にパターンのあるのが男性型脱毛症(AGA)
  • 20代〜60代で平均すると3人に一人がAGAになる
  • 加齢が関係あるので、60代だと二人に一人。
  • 加齢だけでなく、遺伝も関係ある(先祖に波平がいるか?)
  • 思春期以降の男性ホルモンが悪さするのが原因
  • 毛包に悪さをして、成長が止まる
  • 思春期に特定の毛が濃くなるこれも毛包に作用
  • まったく逆の現象がAGA

まずはAGAの概要についてですね。
確かに、この説明の中で煽りに使われた厳しい指摘もありました。

しかし、実際の音声ではこの後に
薄毛・AGAの具体的な改善方法についても語られていたのです。

  • 治療する薬はいろいろある。
  • 5年前できた診療ガイドラインで強く推奨されるのが2種類(ミノキシジル・フィナステリド)
  • 科学的根拠のある治療がある。

やっぱAGA治療はここに帰結しますね。
男性ホルモン抑制に関しては、試してみる価値はある。
と語られています。

診療ガイドラインで推奨される薬のひとつ、フィナステリドというのが、いわゆる「男性ホルモンを抑制する育毛剤」にあたります。
フィナステリドだと、塗る育毛剤ではなく、飲み薬ですが。

教授も推奨する男性ホルモン抑制

教授は音声のなかで、思春期以降の男性ホルモンが毛包に悪さをするので、抑制すると良いと言っています。
わかりやすくこう語っていますが、正確に言うと薄毛の原因になるのは、男性ホルモンの中でも悪玉男性ホルモン(DHT)です。

みんなが気になっている、男性ホルモンを抑える育毛剤とは、このDHTを抑える育毛剤のことです。

これだけ厳しい現実を叩きつけたと話題の教授でも「強く推奨」というのですから、やっぱり男性ホルモンを抑える育毛剤には非常に意味があるのがわかりますね。

男性ホルモンを抑制する育毛剤はどれが良い?

医薬品として研究されたフィナステリドは効果の実証された薬ですが、その強さゆえの危険度というのもあります。
中でも気をつけたいのは、前髪が持ってかれたという報告が多い、20代での服用です。
参考:フィナで前髪なくなったスレ – 20代男が薄毛になったら

もし20代でフィナステリドを飲みたいなら、オーダーメイドか、それに近い状況で数百種類の処方を用意しているクリニックで慎重に調べてから処方してもらわないと、最悪は前髪を失います。

ただし、オーダーメイドは高い!
値段だけは覚悟が必要です。

しかし、安くても個人輸入に手を出すのは本末転倒です。安全な処方を求めての価格ですから。
こうした危険性あるから、AGA薬もらうには病院に通う必要があるわけですしね。

安全で試しやすい男性ホルモン抑制育毛剤

男性ホルモンを抑制する育毛剤はフィナステリドだけではありません。

AGA薬は一度始めたら、最低でも1年は続ける必要があるので、その前に、手軽に買えて副作用のない、男性ホルモン抑制育毛剤を試してみるのもいいと思いますよ。

特に最近では、返金保障が半年もあるような育毛剤もあります。
半年じっくり試して、効果があれば副作用なしで続けられるので、かなりメリットがあると思います。

より効果的で安全にDHTを抑制する方法

DHT抑制ができるのは、AGAクリニックの薬や、脱法サイトの個人輸入薬などの副作用の強い薬だけではありません。

その前に、新しい成分の育毛剤とサプリを試してみても損はないですよ。
なぜなら、全額返金保証があるからです。


▼DHTに特化した育毛剤とコスパならM-034
⇨dht抑制のM-034育毛剤を確認

▼ミノキシジルの3倍の成長力ならキャピキシル
⇨dht抑制のキャピキシル育毛剤を確認

▼体の内側からDHTを抑制するならサプリメント
⇨dht抑制のサプリを確認