男性ホルモンを抑える基礎知識

ジヒドロテストステロンを減らすのに亜鉛とノコギリヤシが有効な理由

悪玉男性ホルモンとも呼ばれるジヒドロテストステロンを抑えるのにノコギリヤシや亜鉛が有効という話があります。
もともとはノコギリヤシもプロペシアと同じく前立腺肥大の治療薬として研究されていました。
その類似性や効き方について。

DHT抑制は5αリダクターゼを抑える必要がある

ジヒドロテストステロンとは男性の薄毛の最大の原因となると言われているホルモンであるため、ジヒドロテストステロンを減らすことが薄毛対策には大切です。

スクリーンショット 2015-05-27 午後[8824]11.25.13

男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンへと変換され、毛乳頭へと働きかけることによって髪が成長しきる前に抜け落ちてしまいます。

ジヒドロテストステロンを減らすためには、5αリダクターゼの活動を抑制することが必要です。

亜鉛やノコギリヤシで5αリダクターゼを制御できる

5αリダクターゼを制御に対して最も有効的なのはミノキシジルやフィナステリドなどのAGA治療薬ですが、もっと手軽に日常的に摂取出来るものの中では亜鉛やノコギリヤシがオススメです。

DHC 亜鉛 60日分 60粒

亜鉛が有効な理由

亜鉛は5αリダクターゼの活性化を抑制する効果があると共に、髪の成長に必要であるタンパク質のケラチンを助ける効果があります。

亜鉛は牡蠣・レバー・牛肉などに豊富に含まれていますが、毎日食べ続けることは意外と困難です。
たまに食べるよりも毎日継続することに意味があるので、効果的に摂取するためにはサプリメントを利用するのが良いでしょう。
亜鉛はさらに男性機能を助ける効果も期待できます。

ノコギリヤシが有効な理由

ノコギリヤシはプロペシアと同じく前立腺肥大の治療薬として研究されてきました。
DHTが前立腺肥大の原因になるので、これを抑えることで前立腺肥大の治療ができるという原理ですが、DHTを抑えたため同時に薄毛にも効果が現れたというわけです。

このため、ノコギリヤシも同様に5αリダクターゼの働きを抑制すると言われています。

ノコギリヤシはサプリメントとして体内から摂取するだけではなく、育毛剤にも含まれている場合が多いため頭皮からも摂取するようにするとより効果的でしょう。

亜鉛とノコギリヤシが有効な理由まとめ

DHT抑制に亜鉛とノコギリヤシが有効な理由は、DHT発生の原因となる5αリダクターゼを抑えるから。
特にノコギリヤシはDHTが原因の前立腺肥大の治療薬というぐらい本格的です。

また、亜鉛もノコギリヤシも自然成分ですので、AGA治療薬のように副作用の危険がないため安全して使用することができます。

3fa5fdf542e9777ef923321b2b44bb35_s

5αリダクターゼを抑制することによって、ジヒドロテストステロンを減らせれば、薄毛対策になります。
ですが、薄毛対策に有効な分量を食事や個別のサプリで摂るのは大変だしコスパも悪い。

そこで、亜鉛とノコギリヤシそしてその他のDHT抑制に役立つ栄養を、DHT抑制に適したバランスで摂取するには便利なサプリがあります。

また、DHT抑制成分を配合した育毛剤やサプリメントを併用することでジヒドロテストステロンの抑制を大幅に加速することができます。

毛髪大作戦 Growth Project. BOSTON
DHTを抑える4大成分をバランス良く配合
このボリュームが欲しかった!_ボストン
  • 4大成分をバランス良く配合
  • ノコギリヤシ配合量が多い
  • 毛母細胞に対応した成分
  • DHT対応成分全部入り
    公式サイト
    http://g-prj.com/product-buy-form/afi_gp_boston
    価格 容量 オンライン特典
    6480円 90粒(約1ヶ月分) 送料無料

    ノコギリヤシ、亜鉛、フィーバーフューというDHT抑制に対応した成分が3つすべて含まれているサプリ。その他、イソフラボンなど毛母細胞を刺激して発毛を促す成分も補え、これ1本で栄養からのDHT抑制が完結します。

    0

    ジヒドロテストステロンの抑制に筋肉を使った方法がある?

    男性の脱毛症の主な原因とされる、ジヒドロテストステロン。

    発生を抑制したり、体内から排出して体から追い出したりする方法はいくつかありますが、ここでは”筋肉”を使う方法を取り上げます。

    テストステロンは髪に悪くない

    筋肉を使う——つまり運動すると、テストステロンが分泌されます。

    028901d880407c9b00f7e7e8dbf10d70_s

    ご存知のように、テストステロンは男性ホルモンの一種ですが、ジヒドロテストステロンとは逆の作用があります。

    毛根を強化する、という作用もその一つです。

    よく、男性ホルモンが濃いと薄毛・抜け毛の原因になると言われますが、男性ホルモンでもテストステロンとジヒドロテストステロン(悪玉男性ホルモン=DHT)ではまったく逆の作用があるという点には注意が必要です。

    男性ホルモンがすべて悪いというわけではないのです。

    運動の効果

    他にもたくさんの作用がありますが、筋肉を増大させる、という作用もあります。こちらは、スポーツ界でドーピング関係の話題に上る事も多いので、これもご存知の方は多いでしょうね。

    これで、察しの良い読者様なら、『運動したら、テストステロンが増えて更に筋肉がつくから、脱毛症になりにくくなる?』と感づかれたかと思います。

    そう、その通り!

    40d41d4d88fa282b5913bed6be623f96_s

    でも運動には、更にジヒドロテストステロンを減らせる効果もあります。

    運動をすると汗をかきますが、実はジヒドロテストステロンは、汗や尿の成分として排出されているのです。
    詳しくはこちらの記事→ジヒドロテストステロンは汗や尿で排出できる?

    筋肉を使ってジヒドロテストステロンを排出

    ですから、

    【筋肉を使って運動する→テストステロンが分泌される→毛根が強くなる】

    という現象と同時に、

    【筋肉を使って運動する→汗をかく→ジヒドロテストステロンが排出される】

    という現象が、体内で同時進行する訳です。

    筋肉 運動 ジヒドロテストステロンの関係まとめ

    毛根が強くなれば、脱毛症になりにくくなる(あるいは、脱毛症の進行を遅らせられる)、そしてジヒドロテストステロンが排出されれば、これまた脱毛症になりにくくなる——脱毛症を防ぐ手段として、筋肉を使って運動する事は、一石二鳥と言えます。

    しかし、当然ですが運動や、汗や尿からの排出だけでは、十分にジヒドロテストステロンを抑制することはできません。

    DHT抑制成分を配合した育毛剤やサプリメントを併用することでジヒドロテストステロンの抑制を大幅に加速することができます。

    0

    ジヒドロテストステロンの抑制に亜鉛が有効!?

    男性型脱毛症の悩みにおいて、ジヒドロテストステロン(DHT)を心配されている方は多いことでしょう。

    そして多くの場合、亜鉛がよいと言われています。なぜでしょうか。

    男性型脱毛症の原因となるといわれているのが男性ホルモンのひとつ・ジヒドロテストステロン。

    正直、害はあっても良いことは無さそうな働きの男性ホルモンです。

    よく男性ホルモンはひとまとめにされて男性型脱毛症の元凶のように誤解されている方がいますが、決してそうではありません。

    むしろ、同じ男性ホルモンであるテストステロンは男性型脱毛症の原因にはならず、毛根を強くし抜け毛をふせぐ働きをするのです。

    同じ男性ホルモンでもジヒドロテストステロンとテストステロンでは働きが異なるので、男性ホルモンとしてひとまとめに扱わず、それぞれ抑制と増加の対策が必要です。

    ではテストステロンは筋肉トレーニングによって分泌されますが、ジヒドロテストステロンはどのように発生するのでしょうか。

    ジヒドロテストステロンはテストステロンが5αリダクターゼ酵素により変換されたもの。

    もともとは成長期に身体のホルモンバランスを整えるために必要だったのですが、成人後は男性型脱毛症の原因となる悪玉ホルモンになってしまうのです。

    テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるのを防ぐために亜鉛が効果的だというわけです。

    男性型脱毛症の予防に亜鉛が有効といわれるのは、悪玉ホルモン・ジヒドロテストステロンの発生自体を抑えるからなのです。

    亜鉛だけでは不十分!?

    たしかに、亜鉛にはDHTを抑える効果がありますが、DHT対策で栄養をとっている方の多くは、亜鉛だけ摂っているわけではありません。

    DHT抑制に大事な成分は亜鉛を合わせて4つほどあります。
    これらを良いバランスで摂るにはやはり専用のサプリメントがおすすめです。

    0

    ジヒドロテストステロンの役割とは一体何なのか?

    薄毛・抜け毛の原因となるジヒドロテストステロン。
    別名:悪玉男性ホルモンと呼ばれていますが、この記事では、この悪玉とまで呼ばれるホルモンは一体どんな役割があって存在しているのかについて取り上げます。

    DHTの役割

    ジヒドロテストステロン(DHT)は、男性ホルモンの一種で、実は母親の胎内にいるときに、このジヒドロテストステロンの働きによって男性器が発達、男の子として生を受けるのです。

    この時、ジヒドロテストステロンとうホルモンが不足すると、男性の性器が上手く発達、成長できなくなってしまいます

    そのため、男児の胎児の発育に関して言えば、特に重要な働きをするホルモンであるということになります。

    しかし、このジヒドロテストステロンは、生まれた後の男性にとっては厄介な存在で、体毛を濃くしすぎてしまったり、ニキビ前立腺肥大の要因を作り出したり、薄毛になる原因となってしまい、生まれた後は悪玉男性ホルモンとしての働きが強く出てしまいます。

    前立腺肥大とDHT

    いまやDHTを抑える薬として代表的なプロペシア・フィナステリドも、もともとは前立腺肥大の薬でした。
    DHTが原因となって前立腺肥大を引き起こしてしまうため、DHTを抑えるプロペシアが治療に有効だったのです。

    プロペシアでDHTを抑制した結果、薄毛にも効果が見られたため、いまでは薄毛治療にもプロペシアが使われるようになったわけです。
    天然の植物成分でもプロペシアと同じようにDHT、前立腺肥大、薄毛に働きかけるものがあります。
    それが、ノコギリヤシです。
    詳しくはこちらの記事→ジヒドロテストステロンを減らすのに亜鉛とノコギリヤシが有効な理由

    男性型脱毛症とDHT

    中でも男性型脱毛症は、体内で5a還元酵素(5αリダクターゼ)が活発に働いている時、ジヒドロテストステロンは分泌され続けてしまいますので、この5a還元酵素の働きを抑制するということが重要なポイントとなってきます。

    実際、ジヒドロテストステロンが減少すると、毛周期が長くなり、髪の毛のコシやハリが戻ってきます
    休止期の毛髪まで生えはじめることから、その結果、髪の毛が増え、薄毛が改善していくということになるのです。

    命が誕生し、男性としての発達を母親の体内で繰り返すときには、重要な役割をするホルモンであるジヒドロテストステロンですが、この世に生まれた後は、男性の多くの悩みのもとになってしまう悪玉男性ホルモンだという特徴があるのです。

    DHTの役割まとめ

    ジヒドロテストステロンの役割とは、男の子として生を受けるときに、実は母親の胎内にいるときに、男性器が発達するための大事な役割がありました。

    しかし、大人になってからは、体毛前立腺肥大そして薄毛・抜け毛など、まさに悪玉男性ホルモンとも呼ばれるべき弊害の方が目立ってきます。

    薄毛を改善するにはまずこのDHTを抑制することが第一歩となりますし、AGA治療院でもそのためにプロペシアが処方されます。

    しかし、プロペシアには重大な副作用があるため、天然成分でDHTを抑制するサプリメントに人気が集まっています。
    DHT抑制成分を配合した育毛剤やサプリメントを併用することでジヒドロテストステロンの抑制を大幅に加速することができます。

    0

    ジヒドロテストステロンが発生する原因

    ジヒドロテストステロンとは、男性ホルモンで、元々は、テストステロンという男性ホルモンです。

    このテストステロンが、「5αリダクターゼ」により、ジヒドロテストステロンへ変えられてしまいます。

    ジヒドロテストステロンは、皮脂腺の受容体と結びつくことで、過剰に皮脂を分泌させるとともに、毛乳頭の受容体とも結び付き、毛髪が十分に育つ前に抜け落ちるように指令を出してしまいます。

    それにより、ヘアサイクルが崩れてしまい、禿げていきます。

    そこで、AGA治療薬が効果を発揮します。

    AGA治療薬で有名なのは「プロペシア」です。

    プロペシアの主成分は、「フィナステリド」というもので、このフィナステリドは、テストステロンがAGAの原因でもあるジヒドロテストステロンへ変換させるのを妨害することができる成分です。

    このプロペシアは、元々は、前立腺肥大症を治療する薬として開発されたものでしたが、患者に投与したところ、発毛効果が確認されたため、AGAの治療薬として使われるようになりました。

    現在では、フィナステリドの主成分の医薬品が数多く存在します。

    そして、プロペシアのジェネリック医薬品「フィンペシア」もあり、比較的安くフィナステリドの薬を手に入れる事ができるようになってきています。

    中でも、フィナステリドの含有量が多い、「フィンカー」などは、含有量が5mg(プロペシアは1mg含有)です。

    ただし、フィナステリドは1日1mgまでと定められているので、フィンカーの場合は、4分割ほどにして1日1欠片使用します。

    また、このフィナステリドは、「ミノキシジル」と併用して使う事で、相乗効果が得られます。

    ミノキシジルの効果は、血管を拡張し、頭皮の血行を促進する効果のある薬なので、ミノキシジルの血行促進と、フィナステリドのジヒドロテストステロンへの変化を抑制する効果で、より効果的に治療ができます。

    ただし、副作用があります

    ミノキシジル・フィナステリドには副作用があります。
    ミノキシジルは心臓の弱い方や血圧に問題がある場合に避ける必要がありますし、フィナステリドは勃起不全など若い男性としては絶対に避けたい副作用があるのです。

    副作用なしでDHTを抑制する育毛剤

    DHTを抑制する方法として、副作用のない育毛剤が注目されています。
    新しい成分が次々と登場し、天然成分だからDHTに弱いとは言い切れなくなっています。

    中には、ミノキシジルの3倍強い成分も・・・

    0