男性ホルモンを抑える成分

毛が生える薬とは?調査して判明した驚愕の事実

毛が生える薬、薄毛に悩む人ならそんな薬が欲しいと思ったことは誰でもあると思います。

育毛剤でもスカルプシャンプーでも毛が生える(生えるとは言っていない)イメージがあります。
でも実は、医学的論拠から、毛が生える「薬」とされているのはやっぱりフィナステリドとミノキシジルだけ、だそうです。

認可されて初めて「薬」といえる

論拠というだけでなく、実際に厚生労働省にも認可されています。
フィナステリドは2005年10月に承認され、その年の12月に「プロペシア」という名前で商品化されています。

ミノキシジルの方は、日本では塗り薬としては認可され、大正製薬から「リアップ」として発売されました。
本当はミノキシジルは内服薬のミノタブがあり、ネットの口コミでは最強の毛生え薬と評されています。
でも、ミノキシジルの内服薬は日本では未認可です。
ただ、AGAクリニックでは医師の責任のもとにおいてのみ投与することができます。

その意味からいうと、AGAクリニックで処方されるミノタブが最強の「毛が生える薬」と言えますね。

しかし、ミノキシジルとフィナステリドの違いを見ていてある事実に気がつきました

驚愕の事実

実は、前髪にはフィナステリドの方が良く、つむじにはミノキシジルが良いというような違いがあるのです。

これは、AGAの進行段階別に行う治療を見ていて気づきました。

AGAにはハミルトン・ノーウッド分類という段階の分け方があります。
scale-baldness
この分類で、3までの人には、フィナステリドで治療が行われ、3以降の人にはミノキシジルも合わせた治療が行われるというのです。

ミノキシジルとフィナステリドで効果の出やすい部位が違うんですね。

ただ、前髪から先にハゲるか、つむじから先にハゲるか、人によります。
特に日本人はつむじ先行型が多いことから、ハミルトン・ノーウッド分類ではなく高島分類というつむじ先行を加味した分類が使われることもあります。

だから、日本人としては、毛が生える薬といえば、人によってはミノキシジル。またある人によってはフィナステリド。となるんですね。

当サイトのテーマでもあるDHTを抑えるのはフィナステリドですから、管理人的には毛が生える薬=フィナステリドです。

ハミルトン・ノーウッド分類による治療の違いは、5αリダクターゼ2型を阻害することでDHTを抑えると、前髪に作用しやすいということの証にもなりますね。

0

プロペシア・フィナステリドの副作用は飲むのを辞めても治らない!?

プロペシア、フィナステリドの副作用は、服用するのをやめても後遺症のように残る

というクチコミをネットで見かけました。

これって本当でしょうか?

だとしたら、プロペシア系の薬を飲む場合、最悪は一生副作用と付き合っていく可能性がある、ということですよね。。。

服用をやめても、性欲減退や勃起不全、射精障害は継続する!?

そのクチコミでは、後遺症のように残る副作用は、性欲減退、勃起不全、射精障害だと言います。

もう性欲はない年齢だ。

と言い切れない限りは、こんな後遺症が残るのは絶対に嫌です。

問題のクチコミの情報ソースを発見しました。
これです。
精子に影響!? 薄毛治療「フィナステリド製剤」に隠されたリスクとは (nikkanCare.ism) – Yahoo!ニュース

Yahoo!ニュースですから、デタラメなデマ情報ではないようですね。。

問題の箇所はここです。

フィナステリド製剤には後遺症もあり

さらに、海外では、“フィナステリド症候群”というフィナステリド製剤を服用しての後遺症が問題視されています。

その内容はというと、「リビドー減退や勃起機能不全、射精障害は投与中止後も継続したとの報告がある」というもので、今ではフィナステリド製剤の説明書に使用上の注意として明記されています。

なんと、不穏なクチコミそのまんまのことがはっきり(後遺症と)書かれています・・・

PFS(ポストフィナステリド症候群)

Yahoo!ニュースにあるフィナステリド症候群は、正確にはPFS(ポストフィナステリド症候群)という名前でした。
PFSで検索して出てきた情報をまとめると

  • PFSはまだ解明されていない現象
  • フィナステリド服用をやめると発症する
  • 急にやめたほうがいいのか、徐々にやめたほうが良いのか判明していない
  • 症状の継続性はPermanent(永続的)
  • 2008年ごろは認知されておらず、多くの人がPFSを知らずに服用開始した
  • 2012年ポストフィナステリド症候群財団が設立され臨床データを収集中
  • 一番の問題点はPFSになる確率について判明していないこと

不明点が多くて、解明されていない現象ですが、
被害者が実際にいることが、ざっと調べただけでも確認できる点から、私個人的には、PFSの危険性はゼロではない。
と判断しました。

日本でもPFSと似た症状が出た方の、副作用体験記がありました。
フィナステリドの副作用が続いています。その経過ブログ。

AGA専門医の診察を受けながらなら問題ない?

そういう副作用の心配をなくすためにAGA専門医がいるんでしょ!?

と、思っていましたが、解明されていない現象に対して、どう対処できるのか?
と考えると、専門医を盲信するのも如何なものかと思います。

腫れ物に触るようなPFS情報

どうやらこうして、PFSについて書くこと自体、デリケートな問題のようです。

というのも、PFSを知らずに服用開始した人が読んで、不安になってEDやうつになったらどうする!?
という意見もあるからですね。

まぁ、わかりますが・・
難しいですね。

逆に、大丈夫、大丈夫〜!確率低いから!
と言う事もできませんよね。

そうすると、PFSに関して何の情報も発信できなくなってしまいますし。

無責任に不安を煽るのは私も反対ですが、臭いものにはフタ、という姿勢も間違ってると思います。
客観的に、こういうものがある、という情報にアンテナを張っておくことは重要かと。

0

DHTを抑制するのにキャピキシル育毛剤は使えるのか

キャピキシルの育毛剤が新たに登場しはじめて、その効果があの成分の3倍だと話題になっています。
あの成分とは、やけに思わせぶりな表現ですが、どうやらミノキシジルの3倍すごいということみたいです。

ミノキシジルの3倍って本当?

ミノキシジルの3倍というのは、いたるところで語られていますが、本当でしょうか?
ならば広告にも「あの成分」なんて書かずにミノキシジルの3倍と書いておけば良いのでは?

ちょっと不思議だったので、情報ソースを探してみました。

あの成分=ミノキシジルという情報ソース

ソースを発見しました。
英語のサイトですが、きちんとした実験の結果のようですね。
http://www.londonhairlossclinic.com/mesotherapy/

このグラフを見てください。3倍です。
スクリーンショット 2015-10-13 午後[8824]0.40.56

え?
どこにもキャピキシルなんて書いてないじゃん!?

安心してください。
はいッてます。

Acetyl tetrapeptide‐3=キャピキシル

このグラフに書いてある「Acetyl tetrapeptide‐3」。
これ、カタカナで書くと「アセチルテトラペプチド-3」です。

キャピキシルのwikipediaを見てみましょう。
https://ja.wikipedia.org/wiki/キャピキシル

はい、書いてありますね。
スクリーンショット 2015-10-13 午後[8824]0.44.17

『アセチルテトラペプチド』を含む複数の成分によって構成されている

つまり、キャピキシルの中に含まれている成分、アセチルテトラペプチドが、ミノキシジルの3倍の・・・
3倍の何なんでしょう?

3倍の・・・ナニ?

さっきのグラフに戻ります。

スクリーンショット 2015-10-13 午後[8824]0.40.56

「HAIR GROWTH ACTIVITY」
です。

HAIR GROWTH ACTIVITYとは日本語にすると髪の成長活動のこと。
比較しているのがミノキシジルですから、ミノキシジルの育毛効果と比べてるわけです。

ミノキシジルの育毛効果といえば、攻撃系とも言われます。
血流と毛包を活性化させて髪を太く・長く育てる力のことですね。

リアップより効くの?

これ、気になるポイントでした。
リアップはX5にリニューアルして、ミノキシジルを5%配合になりました。

いっぽうのキャピキシル育毛剤はというと、限界濃度配合したというフィンジアで見てみましょう。

フィンジアのキャピキシル濃度は5%でした。
スクリーンショット 2015-10-13 午後[8824]1.06.07

でも他にも5%の育毛剤はありますね。
・BOSTONスカルプエッセンス
・Deeper3D
これらも5%です。

濃度が5%で、3倍のHAIR GROWTH ACTIVITYですから、ミノキシジル育毛剤で比較するなら15%濃度の育毛剤と同等ぐらいでしょうか。
15%といえば、ジェンヘアー、ポラリスあたりです。
ミノキシジル育毛剤の中でも一番強いものと同じぐらいなんですね。

でもミノキでDHTは抑制できない

効き目がミノキと比べても最強クラスに強いのはわかったのですが、そもそもミノキシジルではDHT抑制はできません。
だからリアップだけだと効かなかったという声もあるわけで、そこに気付いたからこのサイトでDHT抑制の方法を探っている方もいると思います。

キャピキシルでミノキシジルの代わりになるのはわかったけど、DHTはどうなの?っていう点が気になります。

DHT抑制に使えるの?

実はキャピキシルもDHT抑制に使えます。
アセチルテトラペプチドの他にキャピキシルに配合されているビオカニンA

これが実はDHT抑制にかなり強いというのです。
ビオカニンAはイソフラボンの一種です。
イソフラボンといえば豆乳に入っていることで有名ですし、DHTを抑制する育毛剤といえば必ず配合されているオウゴンエキス・ヒオウギエキスもイソフラボンです。あれとは何か違うのでしょうか?

ビオカニンAがDHT抑制

ビオカニンAにDHTの原因になる5αリダクターセを強力に阻害する効果を持つことがカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社で発見されました。

ビオカニンAはアカツメクサに含まれる成分です。
大豆の10~20倍のイソフラボンを含んでおり、大豆よりもイソフラボンの吸収力が高いと言われています。

このイソフラボンがDHTを抑制してくれるんですね。

また、イソフラボンはエストロゲンという女性ホルモンの分泌を促進するのも、薄毛対策に良いのですが、この辺はオウゴンエキス・ヒオウギエキスも同じですよね。

アカツメクサがオウゴンエキス・ヒオウギエキスと違う点は何でしょう?

アカツメクサは強力!?

これを見てください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ムラサキツメクサ

ムラサキツメクサのWikipediaですが、ムラサキツメクサの和名がアカツメクサです。

見ていくと、こんな記述が・・

本種に含まれるイソフラボンとエストロゲンは女性の更年期症状を抑えるのに使用されてきた

本種を多食した羊が不妊化した

ちょっと強烈ですよね。

まぁ、この例は直接食べ続けたらホルモンにこんなに影響があるっていうことで、塗るぶんには大丈夫なのでしょうが、

ともあれ、オウゴンエキス・ヒオウギエキスには見られないエピソードということで、アカツメクサがいかに強力かを表していると思います。

副作用なし

キャピキシルはビオカニンA=植物由来のイソフラボンの一種とグロースファクター=タンパク質の一種のため、プロペシア・フィナステリドのような副作用がありません。

副作用がないうえに、攻撃系・防御系両面から対策できるというのはM-034・オウゴンエキス・ヒオウギエキスの育毛剤と同じ利点です。

違いはやはり威力でしょう。

攻撃系はミノキシジルの3倍という研究結果、防御系はアカツメクサのエピソードを見て何を感じ取るかですね。

0