DHTを減らす食事とは?

DHTを減らす食事で大事なことは、亜鉛とノコギリヤシを摂取することです。
ジヒドロテストステロンを減らすのに亜鉛とノコギリヤシが有効な理由

牡蠣・レバーから亜鉛を摂取するのに適した食事

亜鉛を効果的に食事から摂取しようとしたら、牡蠣・レバーからというのが近道です。
でも、そんなに献立の広がりがないので、飽きがくるかもしれませんね。

牡蠣なら、カキフライか、時期がよければ生牡蠣やレンジ蒸しも良いです。
カキフライをトッピングとしてカレーなども。

レバーの方も、レバニラか鳥レバーなら焼き鳥、あとは唐揚げぐらいです。

いくらDHTを減らしたいといっても、この7種類ぐらいの献立を長期間続けるのは無理がありますね。

そこでオススメなのが雑穀から毎日飽きずに亜鉛を摂取する方法。

炊くときに米に混ぜる雑穀はスーパーマーケットでも最近手に入りやすくなっています。
粟・ひえ・きび・アマランサスなどの雑穀をご飯に少し混ぜて食べることで、毎日少しずつ無理なく亜鉛を摂取することができます。

亜鉛は動物性タンパク質、クエン酸、ビタミンCと一緒に摂ると吸収率が良くなるので、おかずの方では牡蠣とレバーにこだわらずタンパク質、クエン酸、ビタミンCを取れるように、飽きないようにローテーションしてけば効果的です。

ノコギリヤシを摂取するのに適した食事

ノコギリヤシというのは亜鉛のような栄養素の名前とちがって、ズバリ植物の名前です。
だから、ノコギリヤシを摂取するには適した食事というのはないのです。
ノコギリヤシの実を食べることになります。

でも、日本だとノコギリヤシの実はなかなか手に入りませんから、サプリで摂取する方が大半です。

亜鉛とノコギリヤシを同時に摂取できる便利サプリ

そんな亜鉛とノコギリヤシですが、偏って摂りすぎると過剰摂取になってしまうことも。

目的がジヒドロテストステロンを減らすということなら、亜鉛とノコギリヤシをバランス良くDHT抑制に適した分量で同時に摂取できる便利なサプリメントもいくつかあります。

まとめ

ジヒドロテストステロンを減らす食事とは、亜鉛とノコギリヤシを効果的に摂る食事です。
ノコギリヤシにはフィナステリドと同じようにDHTを抑制する働きがあるからです。

フィナステリドのような医薬品は高い効果のある反面、副作用が出る可能性があり敬遠する人も少なくありません。

そこで医薬品と比べて効果が緩やかな反面、副作用のでにくいノコギリヤシが注目されています。

亜鉛もノコギリヤシもそれだけを摂取しすぎるのは危険で、バランス良く摂取することが健康にも育毛にも良いです。

DHT抑制に適した分量でバランス良く摂取するには便利なサプリがあります。

DHT抑制成分を配合した育毛剤やサプリメントを併用することでジヒドロテストステロンの抑制を大幅に加速することができます。

より効果的で安全にDHTを抑制する方法

DHT抑制ができるのは、AGAクリニックの薬や、脱法サイトの個人輸入薬などの副作用の強い薬だけではありません。

その前に、新しい成分の育毛剤とサプリを試してみても損はないですよ。
なぜなら、全額返金保証があるからです。


▼DHTに特化した育毛剤とコスパならM-034
⇨dht抑制のM-034育毛剤を確認

▼ミノキシジルの3倍の成長力ならキャピキシル
⇨dht抑制のキャピキシル育毛剤を確認

▼体の内側からDHTを抑制するならサプリメント
⇨dht抑制のサプリを確認