DHT抑制:M-034育毛剤ランキング

DHT特化型で低コスト!長く続けるならM034育毛剤

M034育毛剤といえば、DHT抑制の成分が配合されているのが主流です。
しかし、気をつけるべき点があります。

プロペシア含むすべてのDHT抑制というのはDHTの原因となる5αリダクターゼを阻害することを言いますが、実はその5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があります。

AGA薬のプロペシアが阻害するのはⅡ型。
なぜなら以下の図のようにⅡ型の方がAGAに影響するからです。

52f1d7748d1da
画像引用:薄毛になりやすい部分、なりにくい部分

この分布図を見ればわかる通り、Ⅰ型のみが影響している部分はハゲても最後まで毛が残る部分です。
この方のように・・・

Ⅰ型のみ影響の部分は最後まで毛が残る

そんなプロペシアと同じⅡ型への対応を明記している育毛剤は少ないです。

DHT抑制・5αリダクターゼを阻害と言っても、Ⅰ型とⅡ型では違いがあります。
薄毛対策なら、配合した成分の種類数ではなく、まずはⅡ型に効く成分の濃度で選ぶべきかと思います。

M-034育毛剤は全て天然成分のため、プロペシア・フィナステリドのような副作用が無いという点が注目されていて、費用もキャピキシルよりは安いので長く続けたい方に支持されています。

一般的につむじはミノキシジルで治るがM字はプロペシアを併用しないと治らないと言われています。
M字はDHTを抑えないと治せないと考えられているからです。

そんななか、M字専用の育毛剤として登場したのがプランテルです。
DHT抑制に特化し、独自のA-DHT理論によるヒオウギエキス高濃度配合で抑制する仕組みがあります。


プランテル

DHTの影響が出やすいM字型専用の育毛剤。

DHTを抑える独自のA-DHTホルモン理論で、Ⅱ型への対応が明記されているのと、Ⅱ型対応成分を高濃度配合しているので、成分的にDHT抑制に一番いい育毛剤は?というと、このプランテルになるかと思います。

またM字に特化しているため成分の種類は少数精鋭です。そのため、毎日使っても一日あたりの費用が安いのも特徴です。
1本に50日分入っていますが、一日に使う分で割ると、費用はわずか136円ほどです。
缶コーヒー1本分ほどのコストで使えるので毎日負担無く使い続けられます。

プランテルのヒオウギエキス5αリダクターゼ2型を抑制
プランテルの説明書にはⅡ型への対応と成分を贅沢に使用(高濃度)ということが明記されています。

>>返金保証期間で継続するかどうか見極めるためのポイントは?・・・
1ヶ月で髪はさほど伸びませんから、増えた・生えたではなく、DHTが抑制されたかどうかを見るべきです。

M字はげのしくみから考えて、原因は5αリダクターゼの影響で毛が細く短くなる事です。
ということは、1ヶ月で見るべき変化は毛が太くなる・コシが出るという点ですね。

引用:M字はげに強い育毛剤

詳細ページはこちら
チャップアップ

チャップアップはリニューアルでDHT抑制成分を1つ追加しました。これまで成分の数でいえばBUBKA、チャップアップ、イクオスが横並びでしたが、今回のリニューアルでチャップアップが一歩リードしました。Ⅱ型抑制で効果が薄かった人はⅠ型+Ⅱ型両方にアプローチできるチャップアップを試してみるといいかもしれません。ただし成分濃度については未知数です。

詳細ページはこちら
IQOS(イクオス)

45日間の全額返金保証がついているので、少し長く試す事ができるのが、IQOSの良いところです。(他の育毛剤の保証期間は30日)DHT抑制の成分的にはプランテル・チャップアップに劣りますが、初期脱毛の変化などを期間に余裕を持って見届けたい方には45日あるのは嬉しいですね。

詳細ページはこちら