DHTは遺伝する?DHTの影響を受けやすい体質とは

ハゲで悩んでいる男性は多いと思います。
もしかして遺伝ではないかと考えている人もたくさんいるでしょう。

そんなあなたに知っておいてほしいことがあります。
ハゲにはジヒドロテストステロン(DHT)という物質がからんでいるということです。

DHTというのは男性ホルモンから作られる物質で、体毛を濃くしたりペニスを大きくするなど、男らしい体を作る働きがあるのですが、ハゲを促進する効果もある困りものでもあるのです。

DHTとは?

115383
DHTとはジヒドロテストステロンとも呼ばれ、AGA男性型脱毛症を引き起こす元になっていると考えられています。
本来は男性ホルモンのテストステロンだったのですが、5αリダクターゼと言う還元酵素と結びつくことでDHTに変換されます。

DHTには毛髪の成長期を短くする性質があり、分泌が増えると細く短い抜け毛が増えてきて薄毛が広がっていきます。

DHTの原因になる5αリダクターゼは額の生え際や頭頂部にある毛髪の毛根によく見られます。
このためAGAを発症すると額の生え際や頭頂部から薄毛が始まる傾向があります。

ですから、AGAを予防するには5αリダクターゼの生成を阻害することが大切です。
そういった阻害効果のある成分、フィナステリドを錠剤にしたAGA治療薬も登場していますのでAGAは治療が可能です。

フィナステリド錠の中で有名なのがプロペシアです。
プロペシアは一日一回服用し、それを3か月から6か月続けると効果が出てくることがあります。
医師から処方を受けて服用する医薬品なのでドラッグストアなどで購入することは出来ないです。

しかし、生殖機能への副作用があるため、服用を躊躇する人もすくなくありません。
それもそのはず、脱毛症を治す目的と副作用がジレンマを起こしているからです。

ただ、最近では副作用の起きにくい天然成分でDHTを抑える育毛剤が出始めています。
ジヒドロテストステロンを副作用なしで抑制する育毛剤2015

スクリーンショット 2015-05-27 午後[8824]11.49.52

DHTは遺伝で受け継ぐ

そんなDHTの分泌が増えやすい体質は遺伝すると言われています。
特に父方からではなく、母方から遺伝しやすいです。

ご本人の母の父、つまりご本人の母方の祖父に薄毛が見られたらDHTの分泌が増えやすい遺伝を受け継いでいる可能性があります。

138821

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれている通り、女性はほとんど発症しないので祖父から男性の孫へと受け継がれる傾向が見られます。
しかし同じ母から生まれた兄弟でもAGAを発症する者、しない者に分かれることがあります。

それは遺伝の他にもストレスの溜め込みすぎや乱れた食生活、過度な飲酒や喫煙など様々な要因でAGAが発症することが多いからです。

もし遺伝を受け継いでいるかどうか知りたい時は遺伝子検査キットが通販などで販売されているので確かめることが可能です。
事前に受け継いでいると把握できれば早くAGA対策を始めることが出来ます。

まとめ

DHTが多いか少ないかには遺伝が関係してきますが、これは男性ホルモンがDHTになるためには「5p-リダクターゼ」という酵素が必要で、この酵素の分泌量が遺伝による個人差が激しいからなのです。

実は男性ホルモン自体の分泌量には個人差は少ないのですが、ヒゲの濃い人や薄い人がいたり、胸毛の有無などの個人差が出るのはこの5pリダクターゼの量が関係しているのです。

5pリダクターゼが多ければ、当然のことながら体内で生成されるDHTの量は増えます。
DHTが増えれば体毛は濃くなりますが、同時にハゲやすい体質にもなります。
ハゲが遺伝するというのはDHTの多い体質が遺伝するというよりも、5p-リダクターゼが生成されやすい体質が遺伝しているということなのです。

家系的に体毛が濃かったり、親族にハゲが多い人は、5p-リダクターゼの分泌量が多い家系であると推測できます。
ハゲは嫌だというあなたにとっては、5p-リダクターゼの働きを抑えることが重要になってきます。

大豆に含まれるイソフラボン、アロエやノコギリヤシのエキス、亜鉛などには5p-リダクターゼの働きを抑える用がありますし、AGAに処方されるフィナステリド(商品名プロペシア)なども、5p-リダクターゼの働きを抑えるものです。

ただし、5p-リダクターゼの働きを抑えることは男性ホルモンの働きを抑えることにもつながりますので、性欲減退の可能性もあります。ハゲは性的にエネルギッシュというのも、あながち間違いではないということでしょうか。

DHT抑制成分を配合した育毛剤やサプリメントを併用することでジヒドロテストステロンの抑制を大幅に加速することができます。

より効果的で安全にDHTを抑制する方法

DHT抑制ができるのは、AGAクリニックの薬や、脱法サイトの個人輸入薬などの副作用の強い薬だけではありません。

その前に、新しい成分の育毛剤とサプリを試してみても損はないですよ。
なぜなら、全額返金保証があるからです。


▼DHTに特化した育毛剤とコスパならM-034
⇨dht抑制のM-034育毛剤を確認

▼ミノキシジルの3倍の成長力ならキャピキシル
⇨dht抑制のキャピキシル育毛剤を確認

▼体の内側からDHTを抑制するならサプリメント
⇨dht抑制のサプリを確認